先日の記事の反響が大きく、驚いております。

みなさまのコメント、メッセージなどありがとうございます。

「芸能界」という大きなカテゴリーですが、すべてが記事のようなものだったわけではなく、一部、そういう側面があった、ということです。特定の関係者や作品を批判するのはご遠慮いただきたいです。

私がお仕事をしていた間、多くの方にお世話になりました。あの日々があったからこそ、今の私があります。事実として、善悪で判断するのではなく、私を作ってくれた大切な世界です。感謝しています。

しかし、海外の業界と比べて大人子ども問わず、まだ現場での精神的なケアが薄い面があるのも事実です。私の話は少し昔のことにはなっていますが、この記事が変化へのきっかけのひとつとなれば幸いです。

表現することは今でも大好きです。これからも、1人の人間として新たなことにチャレンジし続けたいと思っています。見守っていただけると嬉しいです。

渡邉このみ